自分のサイトを更新チェックされたくない

はてなアンテナのヘルプ

自分のサイトを更新チェックされたくない

自分のサイトを、はてなアンテナで更新チェックされたくない場合は、以下の設定をお使いください。

ロボット拒否ページについて

はてなアンテナでは A Standard for Robot Exclusion で定められた robots.txt の書式を解析します。ただし、robots.txtの置かれている場所については独自に下位のディレクトリも参照しています。たとえば、http://www.hatena.ne.jp/~somebody/what/ というページの場合、

  • http://www.hatena.ne.jp/~somebody/what/robots.txt
  • http://www.hatena.ne.jp/~somebody/robots.txt
  • http://www.hatena.ne.jp/robots.txt

の取得を試み、最初に取得に成功したファイルを解析します。そのファイルで閲覧拒否の指定がなされていた場合ロボット拒否ページとみなします。


ロボット拒否とみなされたページについては、手動更新チェック時にロボット拒否ページである旨の注意文が表示されます。また、アンテナの閲覧者がアンテナ開設者以外の場合には、ロボット拒否ページは表示されません。ただし、アンテナ開設者のみはロボット拒否ページの更新状況を閲覧することができ、該当ページがアンテナに登録されている間は、アンテナの巡回は他のページ同様に行われます。


はてなアンテナのロボットには、"Hatena Antenna"という文字列が含まれます。ロボット拒否についての指定をするには、以下の例のような内容を robots.txt に記述し、ホームページと同じか、それより上位のディレクトリに置いてください。


たとえば /private/ ディレクトリ以下に対してHatena Antennaロボット拒否を設定するには、

User-agent: Hatena Antenna
Disallow: /private/

となります。


以下の設定は、「Hatena Antennaには全てのディレクトリに閲覧を許可するが、その他のロボットには全てのディレクトリの閲覧を許可しない」という指定です。はてなアンテナでは正常に表示されますが、一般の検索エンジン等を拒否することができます。

User-agent: Hatena Antenna
Disallow:

User-agent: *
Disallow: / 

更新内容の非表示設定について

更新内容をアンテナ画面に表示しないようにするには

<META NAME="HATENA" CONTENT="NODIFF">

というタグをHTML内に設置してください。

また、DIFFLENGTH指定により、表示される更新内容の最大文字数を指定する事もできます。

<META NAME="HATENA" CONTENT="DIFFLENGTH=100">

という指定を行うと、最大100文字までが更新内容として表示される事を許可します。この際の文字数は、概ね半角文字、全角文字をあわせた実際の文字数と一致します。また、

<META NAME="HATENA" CONTENT="DIFFLENGTH=0">

は、

<META NAME="HATENA" CONTENT="NODIFF">

と同等です。

検索結果の非表示設定について

検索結果に表示されないようにするには

<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX">

と指定してください。また、はてなアンテナでの検索結果のみに内容が表示されないよう指定するには

<META NAME="HATENA" CONTENT="NOINDEX">

というタグを設置してください。

上記更新内容非表示設定とあわせて、

<META NAME="HATENA" CONTENT="NODIFF,NOINDEX">

と指定することも可能です。


METAタグについての詳細は Robots Exclusion をご覧ください。